人工知能社会のあるべき姿を求めて


Graphic Catalyst Biotope

人工知能社会のあるべき姿を求めて

9/16に日本科学未来館で開催された「人工知能社会のあるべき姿を求めて」という対話イベントに、グラフィックカタリスト・ビオトープ(GCB)として関わらせていただきました。

今回は様々なバックグラウンドを持った方が集まって幅広い対話を行うという目的のため、イベント全体のプロデュース(エモグラフィを使った対話のデザイン、インプットセッションのモデレート、内容のグラレコ、テーブルファシリを務めてくださった学生ボランティアさんたちへの事前講習など)を担当しました。

隣の部屋ではラプンツェルエクスペリエンスが開催されていたこともあり、通りすがりの方々からも何だろう?と興味をもっていただけたりしました。


タムラからエモグラフィ、エモーションマップの講座をさせていただき、絵を描いて対話する準備を整えました。


話題提供者の方々とグラフィックレコーディング!座談会はタムラがモデレーターを務めさせていただきました。


エモーションマップを使ってグループごとに対話を深めます。

対話の内容はエモグラフィ事前講習を受けたテーブルファシリテーターの学生さんたちがどんどん可視化していきます!

室内に貼る場所がなくなるくらい、大量のグラフィックで会場が埋め尽くされていきました。


3回のラウンドテーブルを終えて、今日の対話の内容を振り返りました。

参加者の方々は想いの強い方が多かったのですが、その想いを可視化しながら対話を行うことで、今までと違うコミュニケーションができたと言っていただき、本当によかったなと思いました。

私たちも刺激的な時間を過ごさせていただきました!どうもありがとうございました!


http://www.graphiccatalyst.com/posts/3054903

0コメント

  • 1000 / 1000

えほんやく

”えほんやく” は、松本花澄が参加したイベントのスケッチノートやグラフィックレコーディング、ファシリテーショングラフィックを公開しているブログです。